ピルは飲みたくない!PMSの症状軽減によいとされている漢方

PMS(月経前症候群)の改善方法には様々なものがあります。婦人科にかかると、低用量ピルが処方されることが多いですが、ピルは使いたくないという方には漢方薬がおすすめです。

非常に種類の多い漢方薬ですが、どのような漢方薬がPMSに効果的でしょうか。今回はPMSの症状改善に有効と言われている漢方について調べてみました。

桃核承気湯(とうがくじょうきとう)

漢方は自然の草木から取られた生薬を組み合わせて作られたものです。この桃核承気湯は、大黄、芒硝、桃仁、桂皮、甘草の5種類の生薬で構成されています。

この漢方は、血行を良くし、PMSの症状の中では、便秘、肩こり、のぼせ、めまい、下腹部のハリ、ニキビ、さらには、不安やイライラなどにも効果的です。


加味逍遥散(かみしょうようさん)

この加味逍遥散は、柴胡、芍薬、蒼朮、当帰、茯苓、山梔子、牡丹皮、甘草、生姜、薄荷といった生薬が組み合わされています。血流を良くし、体を温めます。また、のぼせなどの上半身の熱を冷ます効果もあります。

さらに、ホルモンバランスを整える効果もあるので、PMSには効果的です。特に、冷え、のぼせ、頭痛、肩こり、倦怠感、不眠や、疲れやすい、イライラする、不安感などの自律神経の症状の改善にも良いとされています。

虚弱体質の方に向いている漢方でもあります。


桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)

この桂枝茯苓丸料は、桂皮、芍薬、茯苓、桃仁、牡丹皮の5種類で構成されています。体力のある方に向いている漢方です。

血行を良くし、熱のバランスを整えてくれます。また、のぼせや冷えにも効果的で子宮などの炎症を抑えるという面にも効きます。

そして、ホルモンバランスを整えてくれますから、PMS症状の、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、冷え、下腹部痛、イライラや不安感などの精神的症状にも効果が期待できる漢方です。


当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

この当帰芍薬散は、当帰、川きゅう、芍薬、蒼朮または白朮、沢瀉、茯苓の6種類の生薬が組み合わされたものです。この漢方も血流を良くしてくれます。

そして、体を温め、貧血の改善に効果的です。他にも、痛みを和らげたり、ホルモンバランスを整えるという効果もあります。

ですから、PMSの方の頭痛、むくみ、肩こり、貧血、疲れやすい、冷え、めまい、などの症状に対応できます。虚弱体質な方に向いている漢方です。


まとめ

PMSに効果がある漢方薬を幾つかご紹介しました。カラダの症状にもココロの症状にも幅広く改善を期待できることが分かります。しかし、薬ですから、副作用がないわけではありません。

ご自身の体質や症状に合わせて、医師や専門の薬剤師に相談して、処方してもらうようにおすすめします。

このページの先頭へ