生理前が辛い方は必見!チェストツリーがPMSに良いと理由

毎月、生理前になるとココロもカラダも重たくなってしまうPMS(月経前症候群)。少しでも改善したいと願われる方は、「PMS改善にチェストツリーが効果的」とお聞きになられたことがあるかもしれません。

では、チェストツリーとは一体どんなものなのでしょうか?また、なぜPMSに良いと言われているのでしょうか?

今回はチェストツリーとPMSの関係性について解説していきます。

チェストツリーとはどんなもの?

チェストツリーはチェストベリー、セイヨウニンジンボク、イタリアニンジンボクという別名があります。クマツヅラ科のハーブで、原産地は南ヨーロッパから地中海沿岸、中央アジアで、自生しています。

夏になると薄紫色の花が咲き、果実がチェストベリーと呼ばれるものです。種子はほのかな辛みが特徴的です。

チェストツリーの歴史は古く、西暦前400年ごろから薬用の植物として用いられてきました。そして、今ではドイツでPMSの症状の治療薬として、また生理不順などの他の婦人科疾患の治療薬としても認可されています。


チェストツリーの効果

チェストツリーには女性ホルモンの「プロゲステロン」という黄体ホルモンを正常に分泌するように助ける働きがあります。

また、精油、脂肪酸、イリドイド配糖体、フラボノイド、アルカロイドなどが含まれているので、これらがプロゲステロンを増やし、もう一つの「エストロゲン」という女性ホルモンとのバランスを取り、整えてくれるのです。

PMSの要因の一つに、排卵後の生理前の期間に女性ホルモンのバランスが乱れることが考えられています。そのため、このホルモンバランスを整えてくれるチェストツリーは、PMSに良いと言われているのです。


摂取の仕方と副作用

チェストツリーの一日の摂取量の目安は、20~40mgほどです。PMS改善の場合は、4週間から12週間程度、効果が出るまでにかかるようです。

チェストツリー成分を含んだPMSサプリメントが販売されています。サプリメントを飲む場合には、ご自分に合ったものを探してみてください。

チェストツリーは安全性の高いハーブですから、副作用は重大なものは報告されていません。しかし、稀に頭痛や胃腸障害などが生じる場合があるという報告もあります。

飲む際の注意点を挙げるなら、ピルを服用している方は効果が薄れる可能性があるので、同時摂取は避けましょう。また、妊娠中の方、授乳中の方は、ホルモンバランスに影響を及ぼすハーブですから、使用しないほうがよいです。

 

まとめ

チェストツリーは女性ホルモン「プロゲステロン」の分泌を促し、バランスを整えてくれるので、PMS改善に良いと分かりました。副作用も少ないので、安心して使うこともできます。PMSでお悩みの方、お手軽にサプリで摂り入れられますので、お試しになってみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ