それって本当?フェリチン鉄が不足するとPMSは酷くなる?

女性の約9割が毎月悩まされている、月経前症候群(PMS)ですが、原因は幾つかあると言われています。その中にフェリチン鉄の欠乏が挙げられています。

フェリチン鉄とは、どういうものでしょうか?また、それが不足するとPMS症状はひどくなるのでしょうか?

フェリチン鉄とは?

鉄という名がついているので、血液の中にある「ヘモグロビン」と思われるかもしれませんが、人間の体の中には他にも鉄が含まれている組織があるのです。「フェリチン」とは、人間の体を構成しているタンパク質の1つです。

主に肝臓や脾臓のような臓器、骨髄、小腸粘膜などに存在します。そして、内部に鉄分を貯蔵することができるのです。

体内に鉄が摂り入れられると、まずは、ヘモグロビンに優先的に回ります。ヘモグロビンは、生きていくのには欠かせない、酸素を体の隅々まで運ぶという大切な働きをしているからです。そして、余った鉄がフェリチンに貯蔵されます。

しかし、鉄不足の時や出血した時、今度はフェリチンの方から鉄が使われていきます。ですから、ヘモグロビン値が正常でも、フェリチンの数値が低い場合があります。

 

フェリチン鉄が不足するとどうなる?PMS症状はひどくなる?

フェリチンの数値が下がるとヘモグロビン値が正常でも、貧血のような症状が起きます。

例えば、たちくらみ、めまい、耳鳴り、頭痛、シミ、あざができやすい、喉がつかえる、朝起きるのが辛い、疲れやすい、だるい、息切れ、動悸、むくみやすい、などの身体的症状と、イライラしやすい、憂うつ、集中力低下、やる気がでないなどの精神的症状があります。

PMSの症状と非常に似ていると思われませんか。ということは、生理前にフェリチン鉄が不足していると、PMSで不調なだけではなく、鉄不足ゆえの症状と重なってひどくなっている場合があるというわけです。


フェリチン鉄を増やすには?

病院で血液検査をする際大抵は、ヘモグロビン値は調べますが、フェリチン値は調べていません。それで、知りたい方は医師に調べてもらえるように伝えてください。そして、適切な診断と治療を受けられることをおすすめします。

また、女性は男性よりも鉄欠乏になりやすいです。それで、食事をとる際には、体に吸収されやすい鉄分を含んだ食材、食品を摂り入れるように心がけましょう。サプリメントで鉄を補うのも良いかもしれません。


まとめ

フェリチン鉄は鉄の貯蔵庫です。不足すると身体的、精神的に様々な症状を引き起こします。鉄不足が原因でPMS症状が悪化している可能性がありますので、ご自分の鉄分の貯蔵庫の具合をぜひ、確かめて見られることをおすすめします。

このページの先頭へ