PMS改善にも効果的!ガンマリノレン酸の特徴と効果とは?

近年、月経前症候群(PMS)の症状改善に「ガンマリノレン酸」が良いとされてきました。「ガンマリノレン酸」と言われても、何だか分からないという方がほとんどだと思います。そこで、「ガンマリノレン酸」の特徴と効果についてご説明します。

ガンマリノレン酸とは?

ガンマリノレン酸とは、体の細胞を構成している必須脂肪酸の1つです。そして、数多くの脂肪酸の中でも細胞膜に取り込まれやすいという特徴があり、水分の蒸発を抑えて、保湿や柔軟性、弾力性をアップさせます。

ですから、お肌の細胞が潤い、若々しくいられるのに必要な成分なのです。このガンマリノレン酸は母乳に多く含まれていまので、赤ちゃんのお肌はプルプル、モチモチなのかもしれません。粉ミルクや離乳食にも含まれています。

しかし、人は年を重ねるとともに、このガンマリノレン酸を自分で作り出すことができなくなります。そのため、歳を重ねるについて老化していくのです。


ガンマリノレン酸の効果は?

ガンマリノレン酸からは、プロスタグランジンE1という物質が生成されます。この物質は、血糖値やコレステロール値、血圧低下に効果があるとされていて、生活習慣病の予防に良いと注目されています。

それだけでなく、このプロスタグランジンは、ホルモン分泌を正常にしたり、細胞組織の機能を正常にする効果もあるのです。実際に、PMS症状の方の多くが、ガンマリノレン酸の血中濃度が低いとの報告がされています。

ですから、ガンマリノレン酸を摂取することは、ホルモンバランスの乱れから生じると考えられているPMS改善に効果的だとされています。さらには、ニキビや肌荒れにも効果があります。

そのような肌トラブルは、皮膚のターンオーバーが正しく機能していないことが原因とされています。このガンマリノレン酸を摂り入れるなら、皮膚のターンオーバーを正常にし、強い肌を作ることが可能になります。

 

ガンマリノレン酸は何から摂取できるの?

ガンマリノレン酸の良さは分かりましたが、何から摂り入れられるのでしょうか。植物性の油や種子に多く含まれています。特に、月見草オイル、カシス種子オイル、ボラージオイルです。

また、アイスクリームやヨーグルト、加工乳などの乳製品や、昆布、ワカメ、ナマコなどの魚介類の一部に含まれていますが、通常、食品にはそれほど含まれてはいません。それで、ガンマリノレン酸が含まれているサプリメントで摂り入れることをおすすめします。

 

まとめ

ガンマリノレン酸にどのような特徴と効果があるか、ご理解いただけたでしょうか。PMS改善、生活習慣病予防、美肌効果などの様々な面で良い影響がある成分です。サプリメントを探してみて、試して見られるのはいかがでしょうか。

このページの先頭へ