抗酸化作用が強い!ピクノジェノールの特徴とPMSとの関係性

100種類以上の症状があるとされている月経前症候群(PMS)ですが、解明されるにつれ、対処方法も様々なものがあります。食事により改善したり、生活習慣を変えたり、サプリメントや漢方薬などで、改善を図っておられる方もおられると思います。

PMS改善に効果を期待できるものの1つに、「ピクノジェノール」というものをご存知でしょうか。今回は、この「ピクノジェノール」の特徴とPMS改善にどうつながるかをご紹介します。

ピクノジェノールとは?

「ピクノジェノール」とはフランスの南西部、ボルドー地方の大西洋岸に生息している『フランス海岸松』と呼ばれる松の樹皮から抽出される天然の物質です。非常に生命力が強く、樹皮の厚さは日本の松の4倍もあります。

この「ピクノジェノール」の特徴は、抗酸化作用が強いという点です。「ピクノジェノール」に含まれている60%以上のプロアンソシアニジンと40種類以上の有機酸がこの作用をもたらします。

そして、その抗酸化作用はビタミンCやビタミンEよりも強いと言われています。


ピクノジェノールの効果は?

抗酸化作用が強いことによる効果は、非常に多岐にわたります。

主に、高血圧や糖尿病などの生活習慣病予防の改善、老化防止、皮膚老化(しみ、しわ)の予防、がん、心臓病(狭心症、心筋梗塞)、脳卒中のリスク軽減、アレルギー体質の改善、婦人科系疾患の予防・改善、鎮痛作用、不眠の改善などがあります。

70種類ほどの効果・効能があると科学者により発表されています。


PMSとの関係は?

「ピクノジェノール」は痛みと炎症を起こす酵素の働きを抑える働きをします。ですから、生理前に生じるカラダの症状、頭痛や下腹部痛や、腰痛、乳房のハリ、痛みなどを和らげてくれます。

また、血流を良くする働きもあるので、体の巡りが良くなり、良い影響が及んで症状が和らぐとも考えられています。しかし、まだまだ詳細な理由は解明されていません。

ただ、PMS患者がピクノジェノールを摂り入れて、身体的、精神的症状が和らいだというデータは出ていますので、効果があることには間違いありません。


どのように摂取するの?

サプリメントで摂取可能です。一日の目安量は、体重1㎏に対して1mgです。「ピクノジェノール」単体だけでなく、他の美容成分などと配合されたものも販売されていますから、ご自身に合ったものを選びましょう。

副作用として、まれに胃腸障害になることがありますが、安全性は高く、重大な副作用は報告されていません。しかし体質は個々に違いますから、異常が見られた場合は使用をやめて医師に相談しましょう。


まとめ

「ピクノジェノール」は非常に抗酸化作用が強いという特徴があり、PMSの緩和にも効果的であることが分かっています。サプリで手軽に摂り入れることができますし、様々な分野に効果的ですから、一度試してみる価値ありです。

このページの先頭へ